ポンキーペンシルのレビュー。成分は?布もOK?【疑問・特徴まとめ】

3歳の子供のお絵かき用の画材としてピッタリだなーと思って購入してみたポンキーペンシル には、こんな特徴があります。

少しの筆圧でもクレヨンのような綺麗な発色なのに手も素材も汚れにくい
・強く握って描いても折れにくい
・どんな素材にでも描ける

(ちなみに"舐めても安全"な物ではないので対象年齢は4歳〜です)

実際に使ってみたので使用感をレビューしたいと思います!

ポンキーペンシル 口コミ(レビュー)

ポンキーペンシル 口コミ(レビュー)

ムスメがポンキーペンシルで塗った塗り絵です。

見た目はクーピーなんだけど塗ったらクレヨン風で、発色がめちゃくちゃ良いです。(子供の筆圧が強いので余計に)

手で触ってもクレヨンみたいに手に色がつきませんが、紙に擦れた場合はこんな感じで色移りしてしまいます。

ポンキーペンシル

混色もできるみたいなので実際にやってみました。

ポンキーペンシル

12色しか入ってないけど、混色することで色んな色が作れるので便利!

大人が使う場合は表現の幅も広がりますね〜

鉛筆削りも付いているのですが、3歳の子供でもスルスルと削りやすく自分で削ってくれます。

ポンキーペンシル

先を削って尖らせたら細かい描写も可能!

ちなみにこの鉛筆削りは、普通の色鉛筆にも使えます。

ポンキーペンシルの特徴まとめ

ポンキーペンシルに関する疑問についてまとめてみました。

色んな素材に描けて折れない!ポンキーペンシルの成分は何?

ポンキーペンシル の芯には、

サインペン「ポスカ」にも配合されている不透明インク素材を贅沢に使用しているため、通常の色鉛筆では描くことができないプラスチック・ガラス・金属などの平滑面にしっかり描くことができます。

引用:三菱鉛筆 HP

また、軸が折れにくいのは特殊な紙でロール加工をしているためです。

ポンキーペンシルとクーピーの違い(比較)

ポンキーペンシルって見た目がクーピーに似てるけど、何が違うの?

ポンキーペンシル とクーピーの両方を使ったことがある方の"違い(比較)"のレビューをまとめてみました。

  • クーピーやクレヨンをすぐ折ってしまう3歳男児用に買いました。わざと折ることが多いのですが、この商品は本当に折れなくて感動しました!
  • クーピーより濃く描けます
  • クーピーにはない名前を書き込むスペースも付いています(クーピーだと名前シール貼ってその上からテープで補強...と面倒くさい)
  • クーピーと比べ、折れにくく、削りやすいです
  • クーピーに比べて、軽い力でもするすると書きやすく、とても発色がよい
  • クーピーに比べて粉が出やすい

引用:Amazon

 

あと、クーピーは紙にかいても消しゴムで消せるけど、ポンキーペンシル は消えません。

ポンキーペンシルの白が欲しい!単色はバラ売りしてる?

ポンキーペンシルには白が入ってませんが、白の単色を買うことができます。

ケースも、白色を購入した時のために白色を入れるスペースがちゃんとあります。

ポンキーペンシル

他各色もバラ売りしてますよ〜。

ポンキーペンシルで描いた絵は消しゴムで消える?落とし方は?

ケースの裏に注意書きとして、
・壁紙、服、フスマ、布に付いてしまったものは落ちません(紙に描いて消しゴムで消すことはできません)
という記載があります。

実際に紙に描いたものを消しゴムで消そうとしましたが、消えませんでした。

そして試しに、テーブルなどツルツルした面に描いたものを水拭きしてみました。

ポンキーペンシル 落とし方

ポンキーペンシル 落とし方

うっすらまだ色が残っていますが、目立たないようにはなりました!

でもあんまり勢いよく描いちゃった場合は消えにくいかもしれません・・・

以下、三菱鉛筆HP内の「ポンキーペンシルの落とし方」を抜粋したものです。

・ツルツルした面では、乾いた布で拭き取ります。特にメガネ拭きなどで使われるマイクロファイバー布がお勧めです。落ちにくい場合は、蒸しタオルやドライヤーなどで描線を加温します。

・布などのザラザラした面では、水洗いが可能ならば液体洗剤に漬けて軽く揉み洗いをし、可能ならば温水で洗濯をします。水洗いができない場合は、蒸しタオルやドライヤーなどで描線を加温し、タオルなどに写し取ります。この際、色を面の上に広げない(伸ばさない)ようにします。

ディズニーだけじゃない!ポンキーペンシルのキャラクターバージョン

ポンキーペンシルには子供が大好きな色んなキャラクターバージョンがあります!

ポケモン

ぼんぼんりぼん

トイストーリー(ディズニー)

ポンキーペンシルは布にも描ける?

ポンキーペンシルを使って布に描いて塗ってみました。

ポンキーペンシル布

こんな感じで綺麗に塗ることができました。

※ただし消すことはできません

まとめ

折れないし筆圧が弱くてもスルスル描けちゃうので幼児のお絵かきにピッタリだし、粘土、金属、木材、プラスチック、ガラスなど色んな素材に描けるので工作にもとても便利!

ただ私が感じたデメリットは紙に描くと消せないのと、芯のなくなりが早く感じるってことかなぁ。

関連キーワード

Twitterでフォローしよう