2019夏用!冷感敷きパッドおすすめとランキング5

暑くて寝苦しい夏の夜を、少しでも快適に心地よく眠りたい・・・

 

夏用敷きパッド購入のポイントとおすすめ、素材比較について他、ランキングも掲載!

夏用敷きパッドを買い替え予定の方、ぜひ参考にしてみてください〜

夏用敷きパッド購入のポイント

夏の敷きパッド購入のポイントは以下の通りです。

・冷(涼)感
・ウォッシャブル(丸洗いOK)
・吸水速乾
・通気性
・防ダニ
・抗菌防臭
・サラサラした肌触り
・信頼できる布団ブランド(メーカー)※データや品質保証のない海外企業などは注意!

ちなみに、冷感敷きパッドに関しては冷感の持続性についても比較しましょう!

"冷感"といっても、暑い夏でも朝まで冷感が持続するか?といえば、、したことないです。(クーラーをガンガンきかせている部屋ならともかく)

過去に冷感ジェルパッドなる物を購入したことがありますが、夏場は数十分で冷感を感じなくなるわ、汗も吸収しないのでベタベタして気持ち悪いわ、無駄に重いわで"冷感"だけで購入して失敗したことがあります(汗)

冷感パッドを購入する際は、品質、口コミをよくチェックしましょう!

夏用敷きパッド素材比較

敷きパッドの素材にも色々あります。

素材によってその性質は様々。

夏に最適な素材はどんな素材でしょうか?

綿

綿はタオルに良く使われる生地で肌触りも良いですし、吸水性や吸湿性に優れているので、汗や湿気を吸ってくれます。
また綿は適度に暖かいため1年を通して使用することができます。

 

羊毛

一方羊毛も吸湿性や保温性に優れ、なおかつ放湿性、通気性に優れていることから、汗をかいてもさらっとしているので、こちらも1年を通して使用することができます。
カビも生えにくく、あまり洗たくをしなくても性能が落ちにくいという特徴があります。
またふんわりとした肌触り、弾力性があり、寝心地がとても良い素材なので快適に眠ることができます。

 

ポリエステル

なおポリエステルは綿や羊毛に比べると吸水性、吸湿性が低くく蒸れやすい、カビが生えやすいというデメリットがあります。

ただ乾きは早いですし、丈夫で強度が高く、頻繁に洗たくしても素材がダメになることはありません。
頻繁に洗たくすればポリエステル素材の敷きパッドであってもそれほど困ることはないでしょう。

なお夏用敷きパッドとしては接触冷感の敷きパッドが人気ですが、ポリエステルが原料であるものは時間が経つと蒸れるという欠点があります。

 

一方麻を使用した敷きパッドは、吸湿性と発散性に優れているため、湿度が保たれて蒸れにくいという特徴があり、夏用敷きパッドとしてはおすすめの素材です。
しかし若干値が張りますし、ごわごわとして硬い質感がなじめないという人もいるでしょう。

 

シルク

最後にシルクを使った敷きパッドは吸湿性、放湿性が高く、適度な保温性があり、夏でもひんやりして気持ちが良いですし、蒸れにくい、肌触りも良いなど、短所がほとんどない優れた素材といえます。
多少お値段は張りますが、1年を通して使えますし、コスパに優れた敷きパッドといえます。

 

以上 出典:高級布団店プレミアムストア

 

各素材、一長一短ありますね。

夏場は洗濯回数も多くなるので、素材の軽さ値段と耐久性が比例しているかどうかなども注意したいポイントです。

 

綿100%にこだわらなければ、西川の汗取り敷きパッド、おすすめです

とにかくサラサラ

私が購入した敷きパッドは、子供が汗をかきながら寝てても、エンボス加工になっているので肌に密着しづらいせいか敷きパッド自体に熱がこもりません。

汗の湿気を吸った後でも速乾性があるためかジメッとせず、サラサラが保たれてて寝苦しさが無いです。

以前使っていた敷きパッドは、熱はこもるし湿気も吸って寝苦しかったので、違いがすごくよくわかる!

肌触りもサラサラで気持ちいいです。

洗濯ラクラク。洗濯してもすぐ乾く

素材がほぼポリエステル(綿は20%)なので、敷きパッド自体がすごく軽い。

洗濯脱水後も洗った割にはすごく軽くて干すのもラク。そしてすぐ乾きます。

汗をかく夏場の敷きパッドは洗濯する回数も多くなるので、簡単に洗濯できてすぐ乾くのは本当に助かります。

でも去年の夏、結構洗濯してたら毛玉できちゃいました(汗)

素材自体はしっかりしているので、洗濯して毛玉ができる事以外は平気です。

涼感あり!

この敷きパッドは"冷感敷きパッド"とは紹介されてませんが、涼感があります。

体が暑い時に寝転ぶと気持ちいいです。

2019夏用敷きパッドランキング

1位

<おすすめポイント>

・防ダニ・抗菌防臭機能を持つ「TEIJINマイティトップⅡ」を使用

・健康に配慮した素材で小さな子供にも安心

・表は冷触冷感素材(真夏用)、裏はワッフル素材(春・秋用リバーシブルで長く使える

選べる6色

2位

<おすすめポイント>

・グングン熱を吸収するハイテクジェル「相変恒温素材」を使用。使用後2分で体感温度ー7度のスピード冷却

水溶化から結晶化まで4〜8時間。長時間持続するひんやり感は従来の3倍

・基準値10分の1以下のホルムアルデビドで、小さな子供にも安心

・1年補償つき

3位

<おすすめポイント>

・抗菌防臭わた使用

・洗濯機丸洗いOK

ゴム付きでベッドにも対応

・ひんやり感は綿・ポリエステル・一般的な冷感敷きパッドの2倍

4位

<おすすめポイント>

・熱の放出と吸収を繰り返し、ひんやり感がより持続!新開発のハイテク特許取得素材使用

・ジェルの3倍の冷感キープ力

・待ち時間0!-8.2度に瞬間冷却

かたまりにくい柔らかい寝心地

・抗菌防カビ

・低ホルムアルデビド

5位

<おすすめポイント>

・生地が上質で厚めでしっかりしているため、高頻度で洗濯しても毛玉ができにくい(1年使って起毛はあれど毛玉無し)。丈夫で長持ち!

主流のポリエステルではなく、上質な綿とレーヨン99%の自然素材で肌触り良く小さな子供にも安心

・水洗い加工でホコリがでにくく、縮みにくく、吸湿性抜群

4隅に付いているゴムは強化ゴム(織りゴム)でヘタれにくい

綿(コットン)が汗などの水分を素早く吸収・発散して熱を逃し、ムレなく朝まで快適

 

>楽天敷きパッドランキング

>アマゾン敷きパッドランキング

>ヤフーショッピング敷きパッドランキング  

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏用敷きパッドって青系の色が多いんですねー。

私的には白(アイボリー)が部屋の印象を変えないし爽やかでおすすめです。

 

夏の夜の眠りを左右する敷きパッド、自分にとって心地いい敷きパッドを選んで快適に眠りたいですね!

関連キーワード

Twitterでフォローしよう