水仙(スイセン)・球根って英語で何?【読み方・音声つき発音解説】

アメリカに住むガーデニング好きのグランマの家には、たくさんの水仙が咲いています。

そこで初めて耳にした「水仙」の英語がとても印象的でした。

今回は「水仙」の英語の発音(読み方)などについて解説したいと思います。

水仙(スイセン)の英語名・発音は?

水仙の英語名

グランマはこの「水仙」のことを、

Daffodil(発音:dǽfədì ダッフォディル

と言っていました。

調べると、水仙にはどうやら主に2つの言い方があるようです。

  • 一般名:Daffodil(ダッフォディル)
  • 学名:Narcissus(ナルシッサス)

Daffodilの意味を辞書で調べると「ラッパズイセン」と書かれているので、水仙の中でも特にラッパズイセンを指すようですが、実際にはスイセンを総称して一般的には"Daffodil"と言っているようです。

アメリカのお花屋さんの"Daffodil"の販売ページを見ると色んな種類があって、あぁーなるほどって感じです。
(参考:NatureHills.com

ちなみにグランマにもらった、我が家にある英語の絵本も"Daffodil"となっています。

水仙英語名

そしてYou tubeで"Daffodil"と検索すると水仙の動画がたくさん出てくるけど、"Narcissus"と検索しても水仙の動画はあまり出てこないんですよね。

ちなみに辞書には"キズイセン:jonquil(ジャンクウィル)"と書かれていて、そういえばNHKのラジオ英会話で、"Prince Jonquil" って人いたなと思い出しました。

水仙の名前を取ってたんですね〜

"Jonquil"はあんまり日常で使うことはないかもしれませんが、覚えておくとこういう時に便利ですね。

水仙の「球根」は英語で?

水仙って"球根植物"なんですよね。

「球根」は英語で"bulb(発音:bˈʌlb)"といいます。

なので、水仙の球根は、"daffodil bulbs"となります。先ほどご紹介したアメリカのお花屋さんのページにもそう記載されてますね。

最後に英語で水仙の特徴を一文紹介します。

This trumpet shape contains the stamens and is the flower’s most conspicuous feature.

参考:Encyclopedia Britannica

「この花のトランペットの形をした部分には"おしべ"が含まれており、それがこの花の最も目立つ特徴である」

と書かれています。

おしべは"stamen(発音:ステイメン)"ですね。

最後に

冬から春にかけて色んな場所でよく見る花なので、日常生活で使うこともあるかと思います!

子供も大人も覚えておきたい単語ですよ〜♪

  • Daffodil(ダッフォディル)

 

Twitterでフォローしよう