【元小学校教師グランマ直伝】英単語を幼児に効率よく覚えさせる方法

先日私が呟いた子供(5歳)の英単語力の件。


うちの子、知ってる単語が不足しすぎています。

どうやったら楽に英単語覚えられるかな〜?

I can ask my mom !

あ、その手があった。

てことで、アメリカの元小学校教師だった義母から教わった「子供(幼児)に効率よく英単語を覚えさせる方法」を忘備録ついでに紹介します。

彼女が実際にやっていた方法です。

英単語を子供(幼児)に効率よく覚えさせる方法

英単語を子供(幼児)に効率よく覚えさせる方法

結論から言うと、子供が好きな絵本の中に出てきた単語から覚えさせるという方法です。

絵とストーリーの両方がある事で、出てきた単語の意味をイメージしやすく頭に残りやすいといった効果を狙った方法。

なので、まずはお気に入りの絵本を見つけるところから。

子供は好きなもの、興味のある事についての絵本ってすごく食いつきます。(ちなみに、うちの子はお化けの絵本とかすごい好き)

そこで出てきた単語を遊びながら復習するといった流れです。

具体的には出てきた単語のフラッシュカードを見せながら一緒に発音したり、実際に書いてみるといった感じ。

要するに無意識にインプットした単語を意識的にアウトプットする事で、記憶を持続させるのだそう。

ちなみに園でもアウトプットの学習は4歳〜5歳から始めています。

「フォニックス」を活用して発音も一緒に練習すべし

「フォニックス」を活用して発音も一緒に練習すべし

「フォニックス」とは、英語圏の小学校で子供に読み書きを教えるために実際に取り入れられている発音指導方法です。

ちなみに子供の園でも毎日学習してます。

フォニックスでA~Zまでのアルファベットの発音方法を学ぶと、単語を聞いただけでスペルが分かる、またはスペルを見ただけで発音ができるようになるという効果があります。(例外もありますが)

フォニックスについての効果や解説はこちらの学研のサイトが分かりやすかったです。
https://talkingtime.jp/news/803

フォニックスで学習して文字が自分で読めるようになると、読み書きがスムーズになって自分で本を読んだりができるようになってくるんですね〜

自分で英語の本を読めるようになると、インプット量が劇的に増え、爆発的に英語の力がついていきます

(参考:世界で活躍する子の英語力の育て方

最後に

そんなわけでグランマから教わったことを参考に、我が家はとにかく英語の本をたくさん読み聞かせて子供の単語力を鍛えてあげたいと思います♪

関連キーワード

Twitterでフォローしよう