クレヨンよりオススメ!幼児(2歳3歳〜)のお絵かきが楽しくなる画材

3歳になって塗り絵を好んでやるようになった我が子。

最初はいたって普通の色鉛筆を与えて塗らせていましたが、色鉛筆は所詮鉛筆。塗ったといってもうっすーーく、塗り残しの多いスカスカな仕上がりに^^;

やっぱり色鉛筆は早かったってことで、家にクレヨンも無いし仕方がないので私が使っていた発色の良いクレヨン風の画材(カランダッシュのネオカラー)を貸してやりました。

そしたら・・・こんな感じに見事に半分以上バキバキに折られてしまいました〜orz

あー忘れてた〜、子供ってまだクレヨンの握り加減がわからないんだったー><

ちょっと高価なやつなのにいぃ(泣)

ということで、幼児(特に2歳、3歳〜)にピッタリの、強く握っても折れない、カランダッシュのネオカラーやクレヨンみたいに発色の良いお絵かき用画材を物色。

クレヨンは塗り絵だと細かい部分が塗りにくいし削るのが面倒、クーピーは発色がいまいちだしなぁ・・・

なんて考えていると、ロフトで見た事がない良さげな子供用画材を発見。

実際に買って使わせてみると、すっごく良い!!!

私的にはお絵かきや塗り絵をするには、クレヨン以上クーピー以上、もちろん色鉛筆以上に良い商品。

扱いやすくて発色もよくて、折れるストレスもなく子供も夢中で塗り絵をするように。

今日はロフトで見つけたそのおすすめ画材「ポンキーペンシル」について紹介したいと思います!

持ち運び便利なプラスチックケース

ケースが紙製じゃないので、多少乱暴に扱ってもヨレたりすることもないし持ち運びも便利

サイドでしっかりパチっととめられます。

そしてこんな風に二つ折りが可能なので、テーブルの場所を取る心配も無し。

折れにくい

ポンキーペンシルには特殊な紙ロール加工がされているため、強く握って描いても折れにくいのだそう。

実際、私のカランダッシュネオカラーをバキバキに折った筆圧強めなうちの娘ですが、それとあまり太さが変わらないポンキーペンシルだと力を入れて握って塗っても折れるって事がありません。

発色が良い

娘がポンキーペンシルで塗った塗り絵はこんな感じです。

顔の色がおかしな事になっていますが、、

こんな感じでかなり濃くはっきり色が出ます。

一見、発色の感じを含め、クレヨンで塗ったかのような仕上がり

そんなに力を入れなくても芯が柔らかいので、描き心地なめらかで綺麗に色が出ますよー。

手が汚れにくい

クレヨンって、塗った後の紙の上を手でこすったら手が汚れますよね。

こんな風に・・・

でもポンキーペンシルはクレヨンみたいな濃い色が出るのに手が汚れません

実際に色を塗った上から指で力を入れてこすってみます。

この通り何も指につきません。

ただし、手ではなく紙やティッシュでこすった場合はこんな風に色移りしてしまうようです。

(髪の毛の青が左のページにうつってます)

そして持ち手は紙巻きなので芯を直接触る事もありません。

ガラス、金属、プラスチック、ペットボトル等にも塗れるので工作に最適

様々な素材に塗ったり描いたりする事もできます!

工作にはもってこいです。

出典:MITSUBISHI PENCIL UNIホームページ

子供が自分で芯を削ってくれる

ポンキーペンシルには専用シャープナーがついているので、これを使って芯を削るのですが、さほど力を入れなくても回せばスルスルーっと滑らかに削れるので3歳の子供でも自分で上手に削る事ができます。

子供が削った芯↓

「ママ、芯がなくなったー!」と言われて親が削る手間が無くなります(笑)

指の運動にもなりますしね。

混色できる

色数が12色しかないのが惜しいんですが、混色して別の色を作ることもできます。

実際に混色したらこんな感じ。

ちなみに、バラ売りで「白」もあるので、白があれば灰色とか薄いピンクなどの色も作れますよ。

机に描いてしまった汚れは、水拭きである程度落ちる

水拭きで落ちるか試してみました。

これを水拭きだけで消してみます。

うっすら色が残っている感じですが、目立たないくらいにはなりました。

軽く描いたものならある程度落とせるけど、力を入れてゴリゴリ描いてしまったものは落とすの大変かもしれません・・・

まとめ

ポンキーペンシルは2011年に販売が開始された比較的新しい商品です。

画材を口に入れなくなる2歳、3歳からの幼児のお絵かきや、子供の図画工作にピッタリ。

色鉛筆なのに、どこにでも描いて塗れるクレヨンのような発色と塗りの画期的な画材。

おすすめです〜

関連キーワード

Twitterでフォローしよう