インフルエンザ、医者はうつらない?10の予防法とは?

以前のテレビ番組(とくダネ!)記事の続きです。

以前のインフルエンザにかかりにくい人の特徴の記事はこちら

毎日何人ものインフルエンザ患者と接している医者は、患者のウィルスがうつってインフルエンザにかからないのだろうか?

そんな疑問についても調査がありました。

医者はインフルエンザにかかる?かからない?

13人の医者へアンケートをとったところ、インフルエンザになった事のある医者は2人。ない人が11人という結果に。

なった事のある医者の割合が圧倒的に少ないですね。

その理由として考えられるのが、

  • 予防意識が高い
  • 予防接種を受けている
  • 毎日多くのインフルエンザ患者と接するため抗体ができている

という事が考えられるそうです。

毎日インフルエンザ患者と接するって事は、毎日生ワクチンを打っているようなものだと言っていました。

確かに。(笑)

医者が勧めるインフルエンザ予防法

ワクチンを摂取して予防する他に、日常生活でできる基本的な予防をしていれば感染から身を守れます!

東京慈恵会医科大の浦島先生がテレビで紹介していた10の予防法については以下の通りです。

1.十分な栄養と休養

2.適度な湿度

3.外出後の手洗い

4.人混みに行かない

5.マスク着用

6.マスクは玄関で外す(マスクにウィルスが付着している可能性有)

7.手洗い後はなるべくペーパータオルでふく(他人の手の水滴がついたりしないように)

8.家族間のタオルの共有を避ける

9.20分に一度は水を飲む(喉の乾燥を防ぐ)

10.厚着をしない(自身の体温調節機能を鍛える)

だそうです。

 

感染から身を守るため、なるべく人混みに行かないようにしたい・・・とはいえ、学校や会社、朝の満員電車など人混みを避けたくても避けられないですよね。

なので普段から栄養と十分な睡眠をとって抵抗力をつけておくことが一番です!

あとは、ウィルスは乾燥していると感染力が高まるので、適度な湿度が必要。て事で、喉を潤す事を心がけたいですね

アメやガムなどでも効果があるそうですよ。


免疫強化のためのビタミンDサプリなんかも。

私のインフルエンザ予防法(サプリ)

私がインフルエンザ予防におすすめするサプリ(というか食品?)は、梅肉エキス」です。

梅肉エキスには、体内に侵入した細菌やウイルスをぱくぱく食べる免疫細胞・マクロファージを活性化し、その数を2倍に増やして免疫力をアップさせる作用があります。 さらに、梅肉エキスには、ごく微量でインフルエンザウイルスの活性を抑える働きがあることが実験で証明されています。とくに感染初期において、梅肉エキスはウイルス活性阻害に対して高い効果を示します。インフルエンザを予防するためには、1日3gの梅肉エキスを習慣づけることをおすすめします。

出典:梅丹本舗

この梅エキス、血流をよくする事でも知られています。

血流がよくなる=体温の上昇=免疫力が高まる

という効果が有ります。

芸能人にも愛用者が多く、全身ガンだと公表している樹木希林さんも摂取しています。

私はエキスタイプより、粒タイプが手軽なので粒タイプを一日3回摂取。

私が飲んでいる梅肉エキスはこちら

原材料は、

梅肉エキス(紀州産)、米粉、もち米粉、甜菜繊維、寒梅粉ミックス(もち米、とうもろこしでん粉)、はちみつ、炭

のみ。

自然食品なので安心安全。

風邪をひきにくい体になりたい方、インフルエンザを手軽に予防したい方にはおすすめですよ!

関連キーワード

Twitterでフォローしよう