SIMのみソフトバンクからワイモバイルMNP(乗り換え)全手順!実録

先日、スマホ(iphone7)をソフトバンクからワイモバイルに乗り換え(MNP)しました。

ソフトバンクの端末(iphone7)をそのまま利用するのでSIMカードのみの購入です。

私にとっては初めての格安SIMで、わからない事だらけ!!

店舗に行かず一人で時間をかけて調べて手こずりながらもなんとか無事に乗り換えできましたが、手順を間違えて余分なお金を払ったりと色々と失敗しました・・・(泣)

今日は以下の事についてまとめて記録しておきたいと思います。

  • ワイモバイルへの乗り換え(MNP)手順
  • 解約のタイミング
  • MNP引き止め特典
  • 乗り換えするにあたって注意する事
  • LINEモバイルとワイモバイルの簡単な比較

など。

これからソフトバンクからワイモバイルに乗り換え(SIMのみ購入)を考えている方、よかったら参考にしてみてください^^

自分のスマホは格安SIMを使えるか?SIMロック解除可能か確認

よし、格安SIMに乗り換えしよーっと!

とその前に、、

自分の持っているソフトバンク契約のスマホを引き続き使う場合や、これから新しいスマホを購入する場合、新たに契約したMVNO(格安SIM販売会社)のSIMを入れて通信できるかどうか事前の確認が必須です!

ソフトバンク解約して格安SIMに乗り換えたのに新しいSIMカード入れても無反応・・・って事は絶対に避けたいですからね。

基本的にソフトバンク等大手キャリアでは、自社のSIMカードしか使えないようにスマホにSIMロックがかかっているので、通常このロックを解除しないと格安SIMを使えません。

(※ただしソフトバンクの場合、2018年5月現在U-mobile・b-mobileなど一部のMVNOではSIMロック解除しなくても使えます)

ソフトバンク端末にワイモバイルのSIMカードをさして使う場合も、SIMロックを解除しないと使えません。

てっきり、ワイモバイルはソフトバンクの回線を使っているからSIMロック解除しなくていいと思っていたら大間違いでした・・・

 

ソフトバンクの場合、2015年5月以降に販売された機種(iPhone6s、iPhone6s Plus以降)が、SIMロックを解除できる端末です。

他の端末についてはソフトバンクホームページのSIMロック解除機能を搭載した製品を参照してください。

2015年5月以前の機種は基本的にはSIMロック解除ができませんのでご注意を。

(※ただしSIMロック解除機能を搭載した製品ページ内の2015年5月以前に販売された一部の機種にSIMロック解除可能な端末あり)

 

SIMロック解除の条件を確認

SIMロックを解除できるかの確認事項として、2015年5月以降に販売された端末である事の他にも条件があります。

例えば、端末購入後から半年経っていない場合はNGなど。

他にも、先ほどのSIMロック解除機能を搭載した製品のページに記載があるので、自分のスマホがSIMロック解除できる条件に当てはまっているか否か確認してみてください。

こちらも合わせてご確認を。SIMロック解除の一部受付条件変更のご案内

ソフトバンク解約の良きタイミングを知る

まずは契約更新月になっているか確認

私のソフトバンクの契約更新月は4月1日から5月31日の2ヶ月間で、ソフトバンクを解約して格安SIMに乗り換えたのはこの期間内。(2016年から更新月1ヶ月間だったのが2ヶ月間に延長されました)

ソフトバンクの契約更新月以外に解約してしまうと9,500円(税抜)の契約解除料(違約金)が発生します!><

更新月は、MySoftBankで確認できます。

9,500円(税抜)払ってでも格安SIMにした方が長い目で見たら安い。だから変えちゃうって方も多いみたいですけどね。

締め日を確認

ソフトバンクの締め日は、「月末・10日・20日」の3種類あるので、自分の締め日はいつかMySoftBankで確認。

解約にベストなタイミングは締め日の5日〜10日前です。

締め日直後の解約は、ソフトバンクを使ってないのに翌一ヶ月分の料金を支払うハメになり一番損です!

格安SIMリサーチ

MNPするにあたって、どこの格安SIMを使うかリサーチ。

実は、私は最初LINEのデータ量を気にせず使えるLINEモバイルに乗り換えようと思ってたんです。あまり通話しない人だったらかなり安い。

今年の夏にはソフトバンクと提携してソフトバンク回線も使えるようになるみたいだし、サービスの拡大も期待できるし。

LINEモバイルとソフトバンクが3月20日、MVNOサービス「LINEモバイル」の成長を目的とした資本提携と業務提携を締結した。

LINEモバイルの第三者割当増資後の出資比率はソフトバンクが51%、LINEが49%となり、LINEモバイルはソフトバンクの子会社になる。

出典:IT media Mobile

でも、とある事情でやっぱり急きょワイモバイルに乗り換えることになりました。(その事情については後ほど)

乗り換え(MNP)先を決めたら

データのバックアップ

SIMロック解除の前に、念の為データを事前にバックアップしておいた方がベター。

SIMロックを解除することによってスマホに不具合が起こり、最悪画像などデータが消えてし可能性もありえます。

SIMロック解除を実施する際に、製品内に保存されているメモリデータの全部および一部が変化または消失する場合がありますが、変化、消失に起因するなんらかの損害が生じても、当社では一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

出典:ソフトバンク|SIMロック解除

ソフトバンクのホームページにバックアップ方法がのってます。

データの移行・バックアップ方法

SIMロック解除

データをバックアップしたら、SIMロックはMy Softbankから解除できるので、ログインして解除しておきます。

My Softbank内で自分でやれば無料ですが、店舗や電話でやってもらうと3,000円かかります。

私はSIMロック解除のタイミングを間違えてMy Softbankで解除できず、店舗へ出向いて3,000円支払って解除する羽目になりました・・・

店員さん曰く、SIMロック解除はMNP予約番号を取得する前にやるのが正しい手順だそうです。

MNP予約番号を取得する

MNP予約番号取得方法

他社のSIMに乗り換える時は、通常MNP予約番号(MNPをするための受付番号)が必要です。

ソフトバンクでMNP予約番号を発行してもらうには、

  • 電話:9時~20時(一般電話から:0800-100-5533/ソフトバンク携帯電話から:*5533)
  • 店舗

のどちらかで可能です。(ガラケーのみMy Softbankで取得可能)

予約番号の有効期間は本来15日間ですが、ワイモバイルに申し込む場合はMNP予約番号取得から2日以内の申し込みが必須です!

ソフトバンクからのMNP引き止め特典?(キャンペーン案内)

早速ソフトバンクに電話。

 

SoftBank「どちらの格安SIM会社にお乗り換えですか?」

私「LINEモバイルです」

SoftBank「差し支えなければ理由をお聞かせください」

私「ソフトバンクより安いからです・・・」

SoftBank「そうですか。今なら、音声SIMのみご購入される方で"Y!モバイル"にお乗り換えいただくと、データ2GBのスマホプランSが通常なら1年間1,980円のところ、2年間1,980円になるプランをお申し込みいただけますがいかがですか?」

(なぬ!?2年間!?・・・)←心の声

私、しばらくLINEモバイルと、ワイモバイルををざっと比較して考える・・・。

LINEモバイルとワイモバイルをざっと比較

LINEモバイル

  • データ通信量5GBのコミュニケーションプランが2220円
  • LINEを含むSNSはデータ量気にせず使える
  • 無料通話なし
  • 専用メールアドレスなし。(フリーメール対応)/SMS(電話番号メール)あり。

ワイモバイル

  • データ通信量2GBのスマホプランSが1980円(ただし2年間のみ。3年後は通信量1GBで2980円)
  • 無料通話10分がつく
  • SoftBank回線利用でデータ通信速度が他に比べてダントツ早い
  • Y!モバイル専用メールアドレス(@yahoo.ne.jp)・MMS(@ymobile.ne.jp)・SMS(電話番号メール)あり。

電話に戻ります。

2年間だけ、"ワイモバイル"を使ってみても悪くないかもしれない。無料通話あるし。3年後また乗り換えるか・・・←心の声

私「えーっとじゃあそのプラン申し込みたいので、詳細をメールしていただけますか?」

 

という事で、LINEモバイルにしようとしていた私でしたが、ワイモバイルに乗り換える事にしました。

ちなみに、私が申し込んだプランの場合、なぜかMNP予約番号は必要無いそうなので発行されませんでした。

届いたメールを見ると、このプランは2018年5月末までのキャンペーンプランとなっていたため、6月からはまた別の乗り換え特典がありそう。

電話をした時に、最初から「ワイモバイルへの乗り換えを考えてます」と言ってしまってたら、もしかするとこの特典プランは案内されなかったのかも・・・?

ワイモバイルのSIMカード申し込み

今回案内されたキャンペーン「ソフトバンク特別オファー」がこちら。

iphone7のSIMはnanoなので、この専用URLよりnanoを申し込んで購入。

SIMカードを購入する時は、自分のスマホのSIMカードのサイズが「標準・micro・nano」のどのサイズなのか、必ず確認して購入しましょう。

これ間違ったら、購入したSIMカードがスマホに入らないって事になります^^;

本人確認書類、クレジットカード情報、そして通常はここにMNP予約番号も入力します。

SIMカードは何日で届く?到着後のSIM切り替え・回線利用手順

私の場合、申し込みから2日後にSIMカードが到着しました。

さて、これからどうするか?

ワイモバイルのページにはこう書かれています。

・商品の着荷を弊社にて確認(佐川急便の「配達完了」情報に基づく)した翌日に、弊社にてお届けの電話機・USIMカードへ切替え作業を行います。

・ご契約は切替え手続きの審査結果をもって成立となりますので、切替えが完了するまで、開封せずにお待ちいただくようお願いしております。

※切替え時間の指定は承っておりませんので予めご了承ください。

実際の手順をざっとまとめてみます。

  1. SIMが届いたら開封せず、翌日のY!モバイル側の切り替え作業完了(自分のiphoneで電話できなくなる)を待つ
  2. 翌日(私の場合午前11時頃)SoftbankのUSIMカードが電波を受信しなくなり、電話ができなくなる。
  3. Wi-Fi環境に身を置いておく
  4. スマホの電源を切る(切って作業しないと故障します)
  5. SoftbankのUSIMカードを取り出し、Y!モバイルのUSIMカードを挿入する
  6. スマホの電源を入れる
  7. スマホで"Y!モバイル"のAPN設定のページへアクセスし、APN設定をする(APN設定とは接続先情報の設定で、これをしないとWI-FI環境の無い場所でインターネットが使えません。)iphoneのAPN設定はこのページでプロファイルをダウンロードするだけで完了!
  8. Y!モバイルの初期設定をする

これで、めでたくSoftbankからワイモバイルへ乗り換えて、ワイモバイルの回線が使えるようになりましたー!パチパチ。

 

ちなみに、SIMロック解除のタイミングを誤った私。

SIMロック解除しないままY!モバイルのUSIMカードを差し込んだらどうなるかというと、、「SIMが無効です」と表示され、通信できませんでした^^;

まとめ

ここまで、私が実際に体験してみて分かった、ソフトバンクから格安SIMワイモバイルへの乗り換え(MNP)手順を簡単にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

店舗に行かず一人でやるのは、初心者の私にとっては調べる事が多くて結構大変でした。

MVNOって何?SIMロック解除って何?APNって何?状態でしたから^^;

でも実際やってみてよく考えたら、そんなに難しい事でもないんです。

初めの手続きは面倒ですが、 スマホの月額料金がかなり抑えられるので乗り換えた方が絶対にお得!

分からない事はカスタマーセンターに電話すれば教えてくれるので、尋ねながら手っ取り早く変えてしまいましょー!

関連キーワード

Twitterでフォローしよう