ラクトフェリン入りドライアイサプリ

ドライアイのあなた!

ドライアイにはラクトフェリン(乳酸菌)が効果あるって知ってますか?

ラクトフェリンは乳や、涙、唾液、血液などに存在する免疫強化機能をもったタンパク質。

重症ドライアイ患者のシェーグレン症候群患者に一定量(1日あたり約270mg)を1ヶ月投与した結果、結膜の粘膜に修復がみられ、涙の量が増えて涙液層の厚さが増した事や、ラットへのラクトフェリン投与実験で涙腺細胞の若返りがみられた事などから、ラクトフェリンはドライアイに効果があると実証されているそうです。

日本眼科学会でも以下の通り、ラクトフェリンのドライアイへの有効性を認めています。

ライアイ研究においてもラクトフェリンや乳酸菌サプリメントなどによって涙腺の酸化ストレスを減少させることが分かり,涙液を増大させるサプリメントとして臨床に使われるようになった

 

このようにドライアイ症状の改善が期待できるラクトフェリンですが、ヨーグルトやチーズなど食べ物からラクトフェリンを摂取すると胃で分解され腸までなかなか届かず、吸収率が悪くなるという問題があるそう。

なので、効率よく摂取するにはタブレットにしてコーティングする事で、腸まで届くようにしたサプリが断然おすすめ!

というわけで、ドライアイ改善に効果的なラクトフェリン入りドライアイサプリを紹介します!




バイオティアーズ

ドライアイサプリといえばこれ!というくらい良く知られているんじゃないでしょうか。

主な成分:ラクトフェリン・ムチン(ムコ多糖類)成分・グリーンティーリーフ・オメガ3(DHAやEPA)・オメガ3(DHAやEPA)オメガ6・ビタミンA/C/E/B6/D3・ウコン・マグネシウムなどドライアイに有効な成分を12種配合。

ラクトフェリンをはじめ、涙の成分である「ムチン層」「涙液層」「油層」にしっかり働きかけてドライアイを緩和させる成分がみっちり詰まったサプリです。

キャッチコピーは「涙の質と量を高めるサプリメント」

アマゾンでも購入できますが、数ヶ月続けてみたい方は公式サイトからの購入で少し安く買うことができます。

アメリカの商品なので、以前は一粒がすごく大きくて私には飲み込めないサイズだったのですが、最近日本人向けにしたのか小さくなって飲みやすくなりましたよ。

少々値段は張りますが、口コミ評価も高いので、試してみる価値ありです^^

オプティエイドDE

行きつけの眼科にも置いてありました。

主な成分:ラクトフェリン・乳酸菌・オメガ3(DHAやEPA)・ビタミンE・亜鉛・ルテイン・ビタミンC

キャッチコピーは「涙液に注目したサプリメント」

バイオティアーズより入っている成分は少ないですが、特徴としては増殖性、耐酸性に優れたわかもと製薬オリジナルの乳酸菌WB2000を配合しているということ。

WB2000の有効性については以下の通りです。

同社(わかもと製薬)は今年5月開催の日本抗加齢医学会大会において、WB2000乳酸菌を含む複合サプリメントを用いてドライアイ改善効果を涙液量で調べるシルマー試験などで検証し、自覚・他覚ともにドライアイ症状に対する効果が期待できることを報告している。

出典:健康産業流通新聞

不足するとドライアイを引き起こす可能性がある"亜鉛"や、ブルーライトをや紫外線から目を守り、白内障を予防にも効果的な"ルテイン"が配合されている事にも注目です。

まとめ

ドライアイ改善とうたっているサプリメントは色々ありますが、ラクトフェリンが配合されているサプリメントって意外と少ないんですねー。

様々な研究でドライアイへの効果を証明しているラクトフェリン、毎日サプリで効率的に摂取してればドライアイがマシになるかも!

ラクトフェリンは、ラクトフェリンヨーグルトやチーズで手軽に撮れるので生活に取り入れてみるのもいいですね。

そしてなるべく肉よりはオメガ3(DHAやEPA)が含まれる青魚を食べましょう。

サプリは症状を完治させるものではないけれど、継続して飲み続けることで症状の改善・緩和が期待できます^^

 

ちなみに、ラクトフェリン単体で取るよりは、ここで紹介したサプリのようにドライアイを緩和する様々な成分が入っているサプリが断然おすすめですよ。




Twitterでフォローしよう