パナソニックスチームフットスパEH2862PとEH2861Pの違いは?

コップ一杯の水だけで、足先から体の芯まで温めてくれるヒット商品「パナソニックスチームフットスパ」

最新機種の画像左側EH2862Pと、現在は生産が終了してしまったけど安く手に入る画像右側のEH2861P。

新型のEH2862Pは旧型EH2861Pと何が違うのか、リサーチしたのでまとめてみたいと思います。

EH2862PとEH2861Pのスペック比較

EH2862P(新型) EH2861P(旧型)
電源 AC100V AC100V
消費電力 680W 500W
電源コード長さ 2m 2m
スチーム式 あり あり
遠赤外線ヒーター式 あり なし
温度調節 約42℃から約46℃まで5段階 約42℃~約46℃までの5段階
連続スチーム発生時間 1回約15分~30分連続スチームが発生 1回約15分連続スチームが発生
モード設定 遠赤外線スチーム浴(しっかり・標準)/スチーム浴(しっかり・標準) なし
追い焚き機能付き 約47℃で約5分間 約47℃で約5分間
タンク容量 約100ml 約100ml
使用可能足サイズ 29cmまで(足の実際寸法) 29cmまで(足の実際寸法)
本体寸法 高さ38×幅40×奥行42cm(ふた付) 高さ38×幅40×奥行42cm(ふた付)
本体重量 約4.4kg(ふた付) 約4kg(ふた付)

比較して、違いのある部分は赤文字にしています。

リモコンも、右のEH2862Pの方にはモード設定項目が追加されています。

一番の違いは遠赤外線機能の有無!

そう、新型のEH2862Pには、遠赤外線機能が追加されています!

出典:Amazon

スチームだけだった旧型EH2861Pと比べて、さらに温め効果がアップ!

スチームと遠赤外線のW温浴でじっくりじんわり、足先から体の芯までポカポカに!

より温かさが持続します。

お湯やスチームだけと比べて、スチームと遠赤外線の両方を使うとこんなに温まり方に差が出ます。

出典:Amazon

まとめ

新型のEH2862Pは遠赤外線機能が追加されて使用電力は多くなってしまう分、旧型よりもしっかりと温めてくれますよ。

コップ一杯の水をタンクに入れてボタンをおすだけで手軽に使えてお手入れもラクラク!

普通の足湯はすぐお湯が冷める、片付ける時にお湯をこぼして拭く・・・といった面倒なこともありません。

忙しくてなかなかゆっくりお風呂にも浸かれない、体が冷えて寝つきが悪い、不眠、etc・・・

そんな悩みを解決してくれる救世主になるかも!?

EH2862Pの最安値をチェック!

EH2861Pの最安値をチェック!

Twitterでフォローしよう