【定番】1歳赤ちゃん向け人気絵本おすすめ12選。プレゼントにも

 

アメリカでベストセラーとなった『読み聞かせハンドブック』(The Read-Aloud Handbook)を著したトレリースは、読み聞かせは子どもの興味、情緒的発達、想像力、言語能力を刺激するとし、人間の声は、親が子どもの精神状態を落ち着かせるための最も強力な道具であるとしています。

東京大学 |読み聞かせの影響

我が家でもなるべく毎日子供に絵本を読み聞かせるようにしてます。

今まで購入したり図書館で借りたりといろんな本を読み聞かせてきましたが、その中でも子供の反応が良かった絵本や、昔から長く読み続けられてきた1歳の赤ちゃん向けの定番・人気絵本を紹介したいと思います!

1歳の赤ちゃんへの絵本の選び方

1歳の誕生日を迎える頃、ママ、パパ、ブーブーなどの単語を発するようになります。
1歳半頃には2語文が出る子も増えてきますね。

そんな1歳の言葉の発達や心の発達のサポートにぴったりな絵本は、

  • 繰り返し効果・擬音効果でリズムよく読める絵本
  • シンプルなストーリー性のある絵本

がおすすめ!子供も喜んで聞いてくれます。

また、色づかいが綺麗な絵本は子供ウケもよく豊かな色彩感覚を育てると言われています。

1歳の赤ちゃんへオススメの人気・定番の絵本

こぐまちゃんシリーズ/しろくまちゃんのホットケーキ

1歳半ばを過ぎたあたりからムスメお気に入りの一冊になった絵本です。

ホットケーキを作って食べ終えるまで少し話が長かったみたいで、最後まで話を聞いてもらうのに時間がかかりました・・・

はっきりしたカラフルな色使いと形だからか子供の食いつきが良いです。

リズミカルに読める擬音語が楽しく、ホットケーキが食べたくなる絵本。
言葉を理解できるようになると、前よりもさらに楽しんで聞いてくれるようになりました。

ついでにホットケーキの作り方も覚えられちゃう

ねないこだれだ

子供向けの絵本なのに少しストーリーに毒があるのが特徴的な、せなけいこさんの絵本
私も子供も大好き!
ユニークな切り絵のイラストがかわいいです。

ムスメは"オバケ"をこの絵本で覚えました。

くだもの

果物一つ一つが大きく繊細に描かれている絵本です。

この本を読む時は「はい、どうぞ」(本文抜粋)と言うと、毎回絵本の中の果物を食べる仕草を喜んでしてました。

果物のな名前もたくさん覚えてくれますよ〜

きんぎょがにげた

「どこににげた」(本文抜粋)と言うと、「ここー!!」と言いながら指差しをするやりとりが楽しい絵本です。

隠れている場所を覚えていても、やりとりが楽しいのかよく読みました

カラフルな色使いで大きく大胆に描かれた五味太郎さんのイラストは、色覚も刺激されますよ^^

たまごのあかちゃん

いろんな大きさの卵から何が生まれるのかワクワクする絵本。
ムスメは迫力と躍動感がある絵が気に入ったようです。

決まったフレーズの繰り返しでリズミカルに読めるので、喜んで聞いてくれますよ。

ノンタン おしっこしーしー

子供大好きノンタンシリーズ。
ノンタンの絵本はどれもテンポよく読めて、フレーズも記憶に残りやすいです。

トイレトレーニングを始める前にぜひ読んでおきたいオススメの一冊!

ノンタンシリーズは、トイレや歯磨きなど日常の動作を教えることができる絵本が多いです

おつきさま こんばんは

この絵本、ムスメが1歳を過ぎた頃にすごくたくさん読みました。

美しくてはっきりした黄色いおつきさまと青い夜空の色のコントラストが、子供の目をひくようです

雲が邪魔してお月さまが見えなくなるっていう分かりやすくてシンプルな内容。
「だめだめ くもさん こないで こないで」(本文抜粋)って場面で、雲を手で払いのける仕草を一緒にしてました(笑)

記憶に残りやすいフレーズなので、気がついたらムスメも全部暗記してました。

いやだいやだ

これからイヤイヤ期を迎えようとしている1歳にぴったりの絵本。
「いやだいやだ」ばかり言ってたらどうなるか。

子供が自分自身を見ているような気分になる絵本なので、楽しいみたいです。(笑)

がたんごとんがたんごとん

繰り返される「がたんごとんがたんごとん」「のせてくださーい」(本文抜粋)という言葉のリズムが楽しい一冊。

人や動物じゃないものが電車に乗るっていう発想も面白いです。

1歳の赤ちゃんにおすすめの「しかけ絵本」

やさいさん

大人気!地面から出ている葉っぱを引き抜いたら、土に植わっている野菜が出てくるしかけ絵本です。
野菜に顔がついていて面白く、どんな野菜さんが出てくるのか子供もワクワク!

言葉の繰り返しも楽しい!
木から落ちるしかけの、くだものバージョンもあります。

土にできる野菜の種類、野菜の葉の形まで覚えられて野菜に詳しくなれる絵本です。野菜嫌いの子にも○

ぼうしとったら

こちらもtupera tuperaの絵本です。

帽子をめくるしかけで、めくると帽子の下にある意外なものが出てきて面白い!
単純なんだけど、絵も可愛くて子供の好奇心を刺激するステキな絵本です。

ごあいさつあそび

「こんにちは」や「ありがとう」など、あいさつすることを教えるのにピッタリなしかけ絵本です。
絵本に出てくる動物がお辞儀できるようなしかけなので、子供とお辞儀しながらごあいさつ遊びが楽しめますよ^^

シリーズ物です。

お出かけ版は、破れにくいボードブックになっています

1歳の赤ちゃんにおすすめの「音が出る絵本」

脳科学からうまれた あなぽこえほん (音のでる知育絵本)

動物の絵を見ながら鳴き声を押して聞くことができたり、
鈴やラッパ、インターホンなどの様々な10種の音でリズム遊びやメロディーを楽しめる絵本です^^

玉川大学脳科学研究所教授 監修の本。

いっしょにうたおう! にほんごとえいご だいすきおうた 

人気の歌10曲(英語・日本語)、効果音(ラッパ・太鼓・鈴)が出る音がなる絵本です。

お歌の途中で楽器の音を鳴らすことができます!
カラオケモード付き。

ムスメは英語バージョンのみを持ってましたが、手遊びしながらとても楽しんで聞いてました^

最後に

この記事で紹介した絵本はどれも読んでおきたい良質な人気絵本ばかりです。

良質な絵本を選ぶには、選び抜かれたくもんの推薦図書などを参考にしてみてもいいですね!
1歳の絵本選びにぜひ参考にしてみてください^^

 

Twitterでフォローしよう